ストレスが緩和する効果

ストレスが緩和する効果

母乳に含まれるラクトフェリンが、赤ちゃんの精神安定にも役立っていると考えられています。
赤ちゃんは母乳を飲んでお腹一杯になると眠ります。
ラクトフェリンには痛みを和らげる効果や、精神を安定させる効果があるため、母と子の結びつきはとても大切なことだったのです。

 

■ ラクトフェリンのリラックス作用
ラクトフェリンがどのようにリラックス作用を及ぼすかははっきりしたことはわかっていません。
しかし、セロトニンやGABAなど精神安定に必要な物質との関連性も考えられており、実際に動物実験でラクトフェリンを与えると精神的に落ち着くことがわかっています。

 

ラクトフェリンが赤ちゃんだけでなく、大人などいろいろな世代にも効果があるとすれば、高齢者の精神的安定や、うつ病の治療などとしても期待することができます。
もしかしたら認知症の改善もラクトフェリンの精神安定作用が、良い方向にもたらすかもしれないのです。

 

子どもの引きこもり、不登校などの問題も母乳育児と関係性があるなら、母乳を卒業した年令になってもラクトフェリンをサプリメントなどで与えれば改善できる可能性はあるでしょう。

 

まだまだラクトフェリンと精神への影響は研究が始まったばかりですが、ストレス社会ともいえる時代ですから、大いに役立ってくれるのではないでしょうか。